ロータリーの素顔
入会のおすすめ
ロータリアンってどんな人? ロータリークラブでの親睦と奉仕とは? クラブの例会場では
ロータリークラブの運営は? ロータリークラブと奨学生 ライオンズクラブとの違いは?
ロータリーのよろこび

ロータリクラブ員は普通の人です
 子どもの頃、家に遊びに来ていたおじさんの胸や出掛け先や街角ですれ違った時、ふと、目に入る背広姿の胸の歯車バッジ。

「あのバッジは何だろう、ロータリーの人か?!。あの方は立派な方に違いない。お仕事も立派、社会的貢献も地位もある方なのかな。よく言われるようにお金持かもしれない。ロータリーの人は特別な階級の人で我々とは違う世界の人だ。」・・・

などと考えていましたが果たしてそうなのでしょうか。

 確かにその様な方もたくさんいらっしゃいますが、おおよそ、ごく普通の方々で、決して特別な権利を有した階級の集まり、組織ではありません。
ロータリアンの資格(入会)
 ロータリークラブの会員には、地域社会の第一線で頑張っている方が殆どです。
会社の経営者、役員、支店長さん、所長さん、そしてお医者さん、お坊さん、
各法律事務経営者さん、弁護士さん、飲食店オーナー、商店主など専門的職業に
従事されている方なら、どなたにでも入会資格があります。

 その地域社会に住まわれ、又は、職場のある方が選ばれて、その地域における
職業の代表者として会員になっていただきます。
 特別な肩書きや地位は全く関係ありません。

 友達の輪を広め、ご自身の職業を愛し、努力している人で社会の為に、ささやか
でも何かお役に立ちたいという気持ちをお持ちの方、知性と友愛の精神を重んじ
実践しようと努力される人が会員として最適の方といえましょう。
「ロータリー」という人生
 ロータリークラブの起源は孤独な人達の「友情と親睦の熱望」です。その後、親睦、友愛を通じ
て湧き出したエネルギーを糧に「他人に対する思いやりの心」を奉仕の規範とし、「人のために
尽くそう」と研鑽努力している団体であります。

 会員は(ロータリアンは)日常の家庭生活においても、職業生活、地域社会生活、更には国際
社会においても・・・

 ロータリーの4つのテスト:
○真実かどうか ○みんなに公平か ○好意と友情を深めるか ○皆の為になるかどうか

 以上を心に誓い行動しています。