海老原良夫会員 2011.9.28          Topに戻る
 
「ロータリー情報委員長として」
 今年度、大塚会長により各委員会宛てワンポイントメッセージが発令され、当R情報委員会もそれに基づく事業計画を立案し、本日の「水海道ロータリークラブ創立記念日に因んで」の例会開催の運びとなりました。

 これから、当クラブ在籍年数の長い鈴木邦彦会員に卓話をして頂きます。

 鈴木邦彦会員は、私どもクラブの会員で仲間でありますので、外部から招きました講師ではありませんので、講師紹介は本来不要ではありますが、在籍年数の浅い会員の皆様に対し、あえて私なりのワンポイント紹介をさせて頂きます。

 “96~”97年度 当クラブ第34代会長 鈴木邦彦会員の会長就任後初の7月第1例会での会長挨拶は素晴らしいスピーチでした。私は、このスピーチをこの例会場で聴いて、ロータリーの威厳を感じ取りました。

 また、1980年地元の高等学校創立80周年記念誌に寄稿された祝辞を読ませて頂き、私は祝辞の文章の書き方を学びました。

 当クラブ在籍年数の短い会員の皆様にあえて申し上げます。

 私たちは、在籍年数の長短に拘らず、私たちが自らその気になりさえすれば、という前提がつきますが、素晴らしいロータリアンとの出会い、琴線触れる見事なスピーチ、推敲を重ねた珠玉の文章との出会いは、ロータリー地区大会等、外部の研修会に出向いたり、ロータリーの情報紙から得ることもできますが、それはまた私たちホームグラウンドである、日常のこの例会においても可能です。本日の例会もきっとそうなることと思います。

 それでは、鈴木邦彦会員どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

                   Topに戻る