2022−2023年度
国際ロータリー第2820地区ガバナー   Topに戻る
  
国際ロータリー第2820地区 ガバナー 大野治夫(つくば学園RC)

 今年も昨年に続き、新型コロナウイルス感染症終息が見えない為、国際協議会がバーチャル開催となりました。ジェニファー・ジョーンズRI会長エレクトは2022-23年度のテーマを「IMAGINE ROTARY」と発表しました。日本表記は「イマジン・ロータリー」です。 RI会長エレクトの好きな色は、紫・緑・白で紫はポリオ、緑は環境、白は平和を意味しています。

 「想像して下さい、私達がベストを尽くせる世界を、私達は毎朝目覚める時世界に変化をもたらせる事を知っています。昨日の事をイマジン(想像)する人はいません。それは未来を描くことです」

 ロータリーで私たちは、持続可能な良い変化を生むために人びとが手を取り合って行動する世界というビジョンの実現には、多様性があり、公平で、インクルーシブ(包摂的)な文化を培うことが不可欠であると理解しています。

 私たちは多様性を重んじ、すべての背景、年齢、民族、人種、肌の色、障がい、学習スタイル、宗教、信条、社会経済的立場、文化、婚姻状態、使用言語、性別、性的指向、ジェンダー自認だけでなく、異なるアイデア、考え、価値観、信念を持つ人びとによる貢献を大切にします。

 ロータリーへの入会、参加、リーダーシップの機会といった面で、歴史的に特定のグループの人びとが障壁に直面していたという点を認識し、すべての人が成功のためのリソース、機会、ネットワーク、支援への必要なアクセスを得られるよう、地域社会でのパートナーシップも含め、ロータリーのあらゆる側面で公平さを促進していくことに私たちは全力を注ぎます。

 私たちは、すべての人が目に見える、または目に見えない本質的に独自の資質を備えていると信じています。また、自分が大切にされているとすべての人が感じ、帰属意識を持てるようなインクルーシブな文化を築くことに尽力します。

 高潔性というロータリーの価値観に従い、DEI(多様性、公平さ、インクルージョン)にいたる旅路において組織として自分たちがどこにいるのかを正直かつ透明性をもって見据えるとともに、これからも学び、向上し続けていくことに全力を尽くします。

 「ポリオのない世界を想像して下さい。みんなが安全な水を使える世界を想像して下さい。
疾病のない世界、全ての子供が読み書きを出来る世界を想像して下さい。
やさしさ、希望、愛、平和を想像して下さい。
だからこそ、「イマジン・ロータリー」がテーマなのです。

 私は、地区スローガンを「enjoy life 〜人生を楽しむ〜」地区目標を「一人一人が想像力を持って奉仕する」としました。

ロータリーに入り、自分の人生はとても充実している。
ロータリーに入り、かけがえのない友人を得る事が出来る。
ロータリーに入り、人のため、社会のために役立つ事が出来る。

 それが、ロータリークラブではないでしょうか。大いに楽しみながらロータリー奉仕活動をしましょう。

 7月1日から皆さんと一緒に、52万5600分を進みましょう。

 

 

Topに戻る