2018−2019年度
国際ロータリー第2820地区ガバナー   Topに戻る

高橋賢吾(水戸西ロータリークラブ)

 皆様には日頃よりロータリー活動にご尽力賜り、また地区の活動にご支援とご協力を頂き、心より感謝申し上げます。

 さて、前年度ライズリーRI会長のテーマは「ロータリー:変化をもたらす」です。このテーマは私たちロータリアンがこれからも常に持ち続けなければならないテーマです。そして“変化をもたらす”という延長線上に本年度バリー・ラシンRI会長のテーマ「インスピレーションになろう」が存在するのだと思います。

本年度は“インスピレーション”という手段を駆使して私たちロータリアンの考え方に変化をもたらし、ロータリーを取り巻く諸問題に対応していくこになります。

 そして、バリー・ラシンRI会長の重点施策は、「青少年の育成」と「地域社会への貢献」です。その方針を受けて、本年度2820地区としての具体的な施策の1つは、ロータリーファミリーを構築することです。

 インターアクターがローターアクターに、ローターアクターがロータリアンになるようなシステムを造るとともに、米山学友・財団学友・ローターアクト学友・ローテックス・ライラ学友の創設と連携を深めて、ロータリアンと共に活動するロータリーファミリーの拡大に努めて参ります。

 2つ目は、ロータリーデーの開催です。ロータリアンがインターアクター・ローターアクター・学友と一緒に、地域団体や市民、自治体を巻き込んだ奉仕プロジェクトを開催して参ります。これらの施策を遂行するために、本年度の地区スローガンを『ロータリーの心と力を地域社会へ』といたしました。
 
 このスローガンにより、私たちロータリアンの篤い心と団結力をもって、青少年や地域社会と共に活動することにより、地域社会の活性化とクラブの活性化を図りたいと思います。

 また、本年度より、地区戦略計画委員会を組織化いたしました。会員増強・公共イメージの向上・青少年の育成・リーダーの育成・地区資金・地区組織等、中長期の2820地区のあるべき姿を描き、定期的に見直しを行い、目標に向けて進んでいく所存です。

 一方、ロータリー活動の原点はクラブの活性化です。クラブ戦略計画により目標を定め、今まで培ってきたクラブ独自の魅力や優位性を保ちながら、次代に向けて柔軟に対応することが必要です。

 クラブ会員基盤の向上と活性化に向けて一緒に考え、一緒に行動させていただきますので、2820地区2000名のロータリアン皆様のインスピレーションを駆使してロータリーと地域社会に変化をもたらしましょう。 

Topに戻る