2021−2022年度
国際ロータリー第2820地区ガバナー   Topに戻る
 
国際ロータリー第2820地区 第30代ガバナー 新井和雄(下館RC)

 

 世界史に深く刻まれることとなった新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、地区内ロータリアンの皆様におかれましては、困難な日々をお過ごしのこととお察し致します。どうぞ、日々健康に留意され、2021-2022年度のロータリー活動にも細心の注意を払いながら取り組んで頂きますようお願いいたします。

 さて、2021年国際協議会はRI史上初めてとなるバーチャルプラットホームでの開催となりました。例年のように、世界中の同期ガバナーとなる仲間が一同に会することは出来ませんでしたが、その分、開催期間は約2倍の11日間に延長され、各セッションではさまざまな議題についてロータリーリーダーたちと議論を交わすことができました。

 その中で、シェカール・メータRI会長とは、次年度の重点事項として示された「女子のエンパワーメント」について、我々2820地区がネパールでおこなってきた貧困女子の就学支援や、国連と協働して広めている防災教育について直接討論させていただき、次年度の計画に貴重な示唆を頂きました。

 また、もう一つの重点事項として示された「ロータリー奉仕デー」のセッションでは、2820地区として池田ガバナーが取り組みを始めた、190キロにわたる茨城の海岸線を地区内クラブが協働してクリーン作戦を実施する「2021茨城海岸美化プロジェクト案」を紹介したところ、海に面した多くの国の同士たちが、「俺の国でもやるぞ!」、「世界はつながっている!」と大変な盛り上がりとなり、海洋汚染やマイクロプラスチックの食物連鎖による生態系への影響は、温室効果ガスによる地球温暖化とともに、日本だけでなくグローバルに波及している環境問題である事を実感しました。

 さらに、国際協議会や各種オンライン会議を通じて、メータRI会長と信頼関係を築くことができたことにより、当地区のPETSにメータRI会長がオンラインでライブ出演してくれるという千載一遇の機会を得、RIの年度目標や2820地区の活動指針、特に「ロータリー奉仕デー」としておこなう”Global Action for Supporting Environment” (地球環境保全プロジェク) について、RI会長本人から直接指導を受けることができました。これは、困難な状況下において、安全な奉仕活動を模索するクラブ会長に勇気を与え、奉仕活動を待ちわびる地区内会員の皆様のモチベーションを高めるプレゼントとなったことと思います。

 そして、メータRI会長から発表された2021-2022年度RIのテーマは”SERVE TO CHANGE LIVES” (奉仕しよう みんなの人生を豊にするために)です。 メータRI会長は、自身が経験した奉仕活動を幾つか紹介され、奉仕は施される者の人生を豊にするだけではなく、同時に奉仕した者の人生をより豊にすることを強調されました。なかでも、印象的な社会奉仕活動の場面を振り返り、「私は、この奉仕をおこなったことで、単なるロータリークラブの会員から”ロータリアン”になったのです」と述べられました。この感動のストーリーは、My Rotaryに動画がアップロードされていますので是非ご覧ください。

 それらに鑑み、私は2021-2022年度の地区スローガンを”Think Globally, Act Locally” (地球の未来を想い 地域社会に貢献しましょう)とさせていただきました。そして、地球環境保全に地域社会からアプローチし、ロータリアンの、クラブの、地域社会の、国際社会の、持続可能な発展に資する奉仕活動を推進することを目標に掲げました。

 これら、メータRI会長のエピソードや2820地区のスローガンに込めた願意については、研究会やセミナー、そしてクラブ訪問の機会に少しずつ紹介させて頂きたいと思います。

 最後に、先行きの見えない禍の真っ只中において、地区内会員の皆様には大変なご苦労があると存じますが、健康を第一に考えながらロータリアンとして日々できることを実行してまいろうではありませんか。


2021-22年度 国際ロータリーのテーマ

 “SERVE TO CHANGE LIVES”

  奉仕しよう みんなの人生を豊にするため



2021-22年度の国際ロータリーとロータリー財団の年次目標

優先事項1 「より大きなインパクトをもたらす」の目標

  1. ポリオを根絶し、ロータリーの役割を強調する。
  2. 年次基金とポリオプラスへの寄付を増やしつつ、2025 年までに恒久基金を20 億2500万ドルまで成長させる
  3. 以下の項目における測定可能なインパクトを向上させ、効果的にコミュニケーション する:
    1. クラブによる奉仕プロジェクト
    2. 地区補助金、グローバル補助金、大規模プログラム、ポリオプラス、ロータリー平和センター
  4. 人道的プロジェクトの世界的な実績を向上させるため、政府機関との機会も含め、新たなパートナーシップを築く。
  5. より大きなインパクトをもたらすため、プログラムを通じた活動に焦点を当てる。

優先事項2 「参加者の基盤を広げる」の目標

  1. 以下の方法で、ロータリーの会員数を130万人に増やす:
    1. 既存クラブへの新会員ならびにより多様な会員の入会を促すための行動喚起として、「Each One , Bring One(みんなが一人を入会させよう)」を強調する。
    2. 新クラブと革新的なクラブおよび参加者の参加経路を作り出すことにより、参加者の増加と多様化を図る。
    3. 理事、地域リーダー、地区会員増強委員長間の協力とアカウンタビリティを高める。
  2. ソーシャルメディアにさらなる焦点を当てることを含め、ロータリーのブランドとイメージを強化する。

優先事項3 「参加者の積極的なかかわりを促す」の目標

  1. テクノロジーを生かすことを強調し、インターアクトクラブ、ローターアクトクラブ、ロータリークラブの会員、その他のロータリー参加者の積極的かかわりを促す。
  2. すべての参加者、特にロータリークラブとローターアクトクラブの間の協力を増やす。
  3. 中核的価値観を積極的参加の中心に据える。
  4. ロータリー参加者間のビジネスのためのネットワークの機会を通じ、積極的参加を向上させる。

優先事項4 「適応力を高める」の目標

  1. 直接会う会合、研修、ファンドレイジング、奉仕プロジェクトを最適化するため、バーチャル技術の使用を支援・奨励する。
  2. ボランティアのリーダーシップ構成を見直し、責務とアカウンタビリティを向上させる。
  3. ガバナンスとサービスの提供における地域化を支援する。

2020-21年度 地区スローガン・地区目標

【地区スローガン】

 “ T h i n k  G l o b a l l y ,  A c t  L o c a l l y ”

  地球の未来を想い 地域社会に貢献しましょう

【地区目標】

 2820地区の持続可能な発展に資する奉仕活動の推進


【具体的行動指針】

  1. ロータリーの新しい重点分野「環境の保全」の推進
    • クラブの環境保全活動を支援
    • 地球環境問題の理解を深める機会の提供
    • ”ロータリー奉仕デー” 9月12日に「2021茨城海岸美化プロジェクト」を実施

  2. クラブをサポートする持続可能な地区運営体制の強化
    • 地区ビジョン・行動計画のアップデート
    • 会員増強(2000名の回復・クラブ純増2名)・女性会員の増強・拡大(新クラブ設立・学友会の支援)・DEI声明の推進
    • 持続可能な地区委員会の編成(同一委員会任期は3年を限度とする)
    • リモート会議システムの構築によるロータリーイノベーションの加速

  3. 質の高い奉仕活動の推進
    • クラブセントラル活用を促進しRI 会長賞受賞を支援 - クラブ奉仕
    • ロータリーを学び互いに成長する機会の提供 - 職業奉仕
    • 持続可能な開発目標(SDGs)に貢献する奉仕活動の推進 - 社会奉仕
    • 友好地区との協働による人間開発の推進 - 国際奉仕
    • 青少年への支援を推進(IAC・RAC・RYLA・EX)- 青少年奉仕

  4. 公共イメージの向上
    • 地区ホームページ、茨城新聞ロータリー情報館、SNS、他メディアによる発信
    • 2820 地区ロータリーカーに乗って全クラブ訪問10000 キロ走破!!
    • 奉仕活動の学術的発信(国連・学会・ジャーナル)

  5. ロータリー財団の活用と支援
    • ポリオ根絶活動の推進
    • 地区補助金を活用した地域社会への貢献
    • グローバル補助金を活用した国際社会への貢献
    • 奨学生の支援
    • 公平性の高い財団寄付の推進 (年次寄付130 ドル・ポリオ20 ドルの達成、
      ベネファクター - クラブ1 名・PHF・PHS - 地区70 名・MD・AKS の推進)

  6. 米山記念奨学会の支援
    • (公財)米山記念奨学会委託事業を通じた2820 地区内で学ぶ留学生の支援
    • 奨学生出身国の偏在を是正し多くの国と日本の架け橋となる人材を育てる
    • 米山寄付の推進(一人25000 円以上= 普通寄付5000 円+ 特別寄付20000 円)

  7. ヒューストンに行こう!

    2022 年6 月ロータリー国際大会がヒューストンで開催されます。
    宇宙に繋がる紺碧の空が皆さんを待っています!!

    *国際大会開催予定
    2022 年6 月4 日〜 8 日:ヒューストン(米国)
    2023 年5 月27 日〜 31 日:メルボルン(オーストラリア)
    2024 年6 月8 日〜 12 日:シンガポール
    2025 年6 月21 日〜 25 日:カルガリー(カナダ)

    2027 年6 月5 日〜 9 日:ハワイ(米国)

 

 

Topに戻る